まとめ買いがおトクボトムス2本目半額

マックハウスのねこ助け

耳先カット猫を見たことがありますか?

耳先カット猫

これは飼い主のいない地域猫や野良猫が、増えすぎてトラブルになることを防ぐために捕獲され、不妊・去勢手術を受けたされたことを示す“しるし”です。こうした活動はTNR活動(Trap=捕獲する、Neuter=不妊・去勢、Return=もとの場所戻す)と呼ばれています。

よろしくニャ

猫が地域と上手く共生していくためにボランティアが活動しているのです。
耳先をカットされた猫達の命は一代限り。優しく見守ってあげてください。

猫のためにできること

昨年(H26)日本で殺処分された犬猫の数はおよそ10万匹。その内約8割(8万匹)が猫です。
猫ブームの裏で、これだけ多くの猫達の命が失われているのです。

施設で処分される猫達は、増えすぎた地域猫や、捨てられ野良になった元飼い猫とその子孫たちです。そして、持ち込まれる多くが子猫達なのです。一方で、猫ブームでペットショップに並ぶ猫たちの値段はここ数年で高騰。劣悪な環境で飼育し無理な繁殖を繰り返す“悪徳ブリーダー”も多く存在し問題になっています。また現在のところブリーダーに対する免許制、ルールも十分に整っていません。

なるほどニャ

  • 地域猫、野良猫への餌やりは過繁殖を招きます。やめましょう。
  • ★飼う時は必ず不妊・去勢手術をしましょう。(病気の防止、スプレー行動や発情期のトラブルも避けられます)なるべく家の中で飼いましょう。
  • ★新たに猫を迎える時は、保護猫の里親になることも考えてみてください。

ペコリ

人間も猫もハッピーに!
マックハウスは殺処分ゼロ運動
応援しています。

殺処分ゼロ運動

2017年春より、Nyans Worldの商品に殺処分ゼロ応援タグがついています。

TNRをもっと詳しく。教えて扇田さん!

扇田 桂代(おうぎた かよ)氏。
犬猫保護ボランティア団体『ちばわん』及び『全国野良猫対策連合会』代表。
殺処分される不幸な犬猫を減らすために、保護犬猫の里親探し活動の他、全国の自治体、ボランティア、医師と協力し、TNR活動に取組んでいる。2011年の東北大震災での被災地の犬猫救援活動は、映画『犬に名前をつける日』のモチーフに。

教えて扇田さん Q&Aコーナー

素朴なギモン。どうやって野良猫を捕まえるの?
 専用の檻で、猫に怪我をさせないように捕まえます。捕獲にはコツがありますので、不妊手術をしてあげたい猫がいたら、専門的な知識がある人に相談し指導を受けるとよいでしょう。
(悪い人もいるため、野良猫の具体的な捕まえ方はあまりオープンにできません。)
切られた耳が可哀想。痛くないの?
 麻酔をかけて眠っている間に切るので痛くありません。これまでに沢山の猫に耳先のカットの処置をしていただきましたが、麻酔から覚めたあとに耳を気にする猫はいませんでしたので痛みや違和感もないようです。
どうして不妊手術した猫を放してしまうの?
 外は危険がいっぱいですので、本来は不妊手術をした猫は誰かが室内で飼育することが猫にとって一番安全で良いことなのだと思います。しかし、殺処分数や、譲渡活動の限界、そして野良猫をとりまくトラブルを考えると、今の日本では“とにかく新たな命を生ませない”事に力を注ぐしかないと考えています。

猫は縄張り本能がとても強いため、不妊・去勢された猫を放すと、新たな猫はその地域に入ってこないことがわかっています。そして不妊・去勢されていない猫から子猫が生まれることはない為、地域の猫が増えすぎないようにコントロールできるのです。

近所に野良猫にエサをあげている人がいて、野良猫が増えて困っています。どうしたらいいですか?
 野良猫問題は不妊・去勢手術をすることが状況の改善の大きな一歩となります。餌を与えている人もいろいろですが、行動を起こせていない場合があります。まずはその人の状況や考えを聞いたり、市町村によっては無料で手術をしてくれるシステムがあったり、相談の対応をしてくれる地域も年々増えつつありますので、調べてみるのもよいと思います。
元野良猫を飼うのは懐きにくく難しいと聞きました。
里親になるのは難しくないですか?
 時間をかければ慣れる猫もいますが、中には人間にひどい目に合わされた猫もいますので一概に言えません。ただ、沢山の猫が里親募集サイトに掲載されているので、先方に自分の好みの性格等、希望を伝えてみてください。
里親になるのはどうすればいいですか?
 ネット上には沢山の里親募集サイトがあります。少しずつ条件や手順等も違いますのでよく内容を確認してください。そして、飼育の環境が整いましたらサイトの中から希望のボランティアさんに連絡をしてみてください。

ねこ助け体験談

私が里親になるまで

私が里親になるまで

 私が初めて飼った猫は、アメリカンショートヘアの男の子。季節外れのペットショップ、7ヶ月に育った売れ残りだった。「その子、もうすぐブリーダーに返さないといけないので、2万円でもいいですから飼いませんか?」と店員に声をかけられた。「女の子は子ども産めるから返品されても大丈夫だけど男の子はね……」という含みをもたせた言葉が引っかかり、はじめて猫を迎えることに。アナキンと名づけたその猫と旦那さんと私は、13歳直前に病気で亡くなるまで仲良く幸せに暮らした。

 アナキンが虹の橋を渡ってから、寂しさを紛らわすためについつい見てしまうのは、CATVの動物専門チャンネル。海外の犬猫番組は、表面的な可愛さだけをもてはやすのではなく、しつけを助ける番組やシェルターで保護された犬猫たちが新しい飼い主を見つけるまでといった肉厚な番組が多く、今度飼う時はペットショップからではなく、保護された猫にしようと決心した。

最初の猫アナキン

里子(猫)探し

 里親探しのホームページをネットで検索していると、いつしかピンと来る子が現れた。横浜のセンターで保護され、犬猫愛護ボランティア団体「ちばわん」のもとで里親探し中の白黒ハチワレ猫の「マッチ」(7ヶ月♂)。どこかアナキンの面影がある気がしたし、大好きな『はっちゃん日記』のはっちゃんに似ていた。早速連絡を取り、一時預かりさん宅でお見合いの予約。期待でドキドキ。
 一時預かりの「ちばわん」扇田さん宅へ伺う。そしてついにマッチくんとご対面! 他の預かり猫たちはスリスリ遊んで?と入れ替わり挨拶に来るが、当のマッチくんは私たちを気にもせず、ハッスルしてダッシュで部屋からいなくなる。扇田さんに呼ばれて戻ってきても、他の猫のケージに上がり込み、昼寝開始。ケージにジャンプした時、後ろ脚が少しズッコケた。元気! 図太い! ちょいズッコケ! 大いに気に入った! 帰りの道中、旦那さんと話し合い、マッチくんを引き取りたいと扇田さんに連絡。1ヶ月のお試し生活をすることに。

里親募集中の「マッチくん」プロフ写真。 2015年11月。横浜のセンターから引きだされた日。

譲渡システム

 お見合いやお試し生活は猫だけでなく、ボランティア側、里親側の人間同士がお互い信頼できるかどうかを見極めるための重要なステップ。残念なことに、猫を虐待するために里親になろうとするケースもあるし、飼う環境や覚悟が充分でなく、譲渡を断る場合もある。飼育環境を確かめるために、ボランティアさんが自宅に猫を届けてくれるし、お試し生活で猫が環境に合わなかったら、ボランティアさんに戻してもいい。どちらにせよ、物として売り買いするだけのペットショップから買って飼うのと随分違う。
 決してひけらかさないが、扇田さんは250人ものボランティアさんからなる「ちばわん」の代表だったことが判明。穏やかで柔らかい語り口の中に熱い信念と使命感を感じ、深く感銘を受けた。私たち、マッチくんを絶対幸せにします! と改めて決意。

一時預かりボランティアさん宅にて。仲間たちと。

お試し生活スタート

 お試し生活がスタート。名前は、横須賀の港町から来たので「海=カイ」に改名。最初の数日は、ひたすら部屋の隅で固まっていた。よく見ると小さく震えている。飲まず食わず、出さず。無理もない、前の猫も最初はそうだった。
 勤め先の猫好き社長からは、「1週間同じ部屋で寝なさい。そうすれば、お母さんと思うから」とアドバイスを受けた。直感的にそうかもと実行した。3日目でようやくオシッコに行った。ちゃんと部屋の隅に置いたトイレでするとは、教えてもいないのに猫ってすごい。翌日ようやく餌を食べ、水を飲んだ。それからは日に日に慣れていった。ゴロゴロ喉を鳴らしながら、私や旦那さんの目をじっと見る。たくさんの仲間と一緒に育ったせいか、遊んでも爪を出さない、強く噛まない。社会性があるってこういうことか。
 お試し生活1ヶ月が過ぎ、正式な譲渡となった時はやはりほっとした。「おもちゃ持って、こっちおいで?」というと、隣の部屋からおもちゃを咥えて持ってくる賢さ、懐きぶりがただただ可愛く、嬉しい。

 旦那さんは私にべったりなカイに呆れつつ、ほんのちょっとしたことで、すぐ病院へ連れていこうと慌てふためくほどの心配性、親バカぶりを発揮している。

おかん抱っこ練習中。 我家にきて子猫返り?!

(文・写真 浅野智美)
Tomomi Asano 株式会社マックハウス・秘書。カイが繋いでくれた縁を大切にし、自身の体験や自分が見て聞いた保護活動などを周りの人に伝えることが猫への恩返しだと思っている。

ちばわんだより

不幸な動物を助けるために何かしたい。そんな想いを抱く読者も多いのではないでしょうか? 15年間で延べ5000頭を超える犬や猫たちを救い、新たな家族を見つけてきた動物愛護団体「ちばわん」の活動を通してあなたにも「できること」、ちょっと考えてみませんか?

文・写真 高橋美樹

第1回 「ちばわん」ってこんなとこ!

想いを抱く一人

「私自身、幼い頃からの動物好きに加え、虐待されて大やけどを負った子猫を保護したのを機に、『動物たちのために何かしたい』。そんな想いを抱いていました」と、代表の扇田桂代(おうぎたかよ)さん。法律事務所でフルタイムの仕事に就きながら、最初は売り上げの一部が愛護団体へ寄付される書籍などを購入することから始め、休日は愛護団体が主催するイベントの一日ボランティアに参加したのが「第一歩」。「当初は自分が団体の代表になるなんて考えもしなかった」といいます。

ちばわん発足

転機は、「当時住んでいた千葉で多頭飼育崩壊の現場が助けを求めているのを知った」こと。「この問題に個人で対応するには限界があり、団体を発足する必要に迫られて、何度かイベントで顔を合わせていた吉田美枝子さん(副代表)と共に15年前に立ち上げたのが『ちばわん』の始まりです」。

自宅で2頭の犬と30頭の猫と暮らす扇田さん。

無理せず気軽に

しかし団体と言ってもわずか数名で、みんな仕事を持つ身。「たくさんの協力者が必要でした。そのためには少しでも間口を広く、敷居を下げなきゃと。そこで、『無理せずできる範囲で』と、『楽しく気軽な雰囲気作り』が鍵になると思いました」と扇田さん。

 現在では250名超のボランティアを抱える団体に成長し、犬と猫の割合も半々に。個人からは受け入れず、犬は千葉県動物愛護センター、猫は千葉県と横浜市の愛護センターからの受け入れに特化しています。

自宅で2頭の犬と30頭の猫と暮らす扇田さん。

「ねこ親」につなぐ

シェルターを持つ愛護団体も多い中、あえて持たないのは「前述のレスキュー現場が保護犬たちを集めたシェルターが立ち行かなくなったケースで、最初に運営の難しさを目の当たりにした」から。そのため、殺処分を免れた約300頭が、現在100組の預かりボランティアの家庭で新たな家族「いぬ親さん・ねこ親さん」を待っています。この日お邪魔した「保護猫カフェブラン」も、預かりボランティアの岡本久美江さんが「成猫の譲渡のチャンスをもっと増やしたい!」と、2年前にオープンしたお店です。

「一部の熱心な愛護家がトップダウンで活動すべてに干渉する」のではなく、「さまざまな人が自発的に役割を担う」ことで、多くの犬や猫を幸せに。
 ちばわんの挑戦は、続いています。

最年少は個性的な模様のダイスケ君

保護猫カフェブラン
神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-40 白亜館2F
営業時間/11:00〜20:00(L.O.19:00) 定休日/月・木曜日(祝日は営業、翌日休)
猫部屋/30分600円〜 カフェ/紅茶(ポット)600円 他
※猫部屋へは15歳未満入場不可。臨時休業あり。
https://www.neko-cafe.info

PAGE TOP