まとめ買いがおトクボトムス2本目半額

Mac〜Art Museum

decoration

世界の名画をお楽しみください。

decoration

フィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホ

オランダ南部のズンデルトで牧師の家に生まれた。

RT173-MC044

  • RT173-MC044 ひまわり
  • ひまわり
    【所蔵先】
    ノイエ・ピナコテーク
  • この「12本のひまわり」は、アルル時代の「ひまわり」の中で三番目に描かれたものである。
    12本のひまわりは、それぞれ状態が異なっており熟していないものや、花開いているもの、開き切っているものから朽ちているものまで様々である。
    一つの花瓶の中で、一生が描かれているのである。
  • Photo AMF / DNPartcom / © bpk / Bayerische Staatsgemäldesammlungen
  • RT173-MC044 フェルト帽をかぶった自画像
  • フェルト帽をかぶった自画像
    【所蔵先】
    ファン・ゴッホ美術館
  • 後期印象派を代表する画家のひとりであるゴッホは、描画の練習として、自身をモデルにして描くことが多く、この作品もそれらの一つである。
    ゴッホ独特の点描画法を秩序的に配置、線描も加えることにより独特の印象を醸し出す。
    実験的かつ代表的な自画像である。
  • Photo: Bridgeman Images / DNPartcom
  • RT173-MC044 星降る夜、アルル
  • 星降る夜、アルル
    【所蔵先】
    オルセー美術館
  • ゴッホの作品の中でも、より繊細な情緒溢れた絵画である。
    手前右下に描かれた二人の恋人が詩的な雰囲気をいっそう醸し出す。夜空、川面、川岸と異なる方向のタッチを使い分けることにより、少ない色味の中に豊かな奥行きの有る星瞬く夜空の情景をきわめて美しく描いている。
  • Photo © RMN-Grand Palais / Hervé Lewandowski/distributed by AMF-DNPartcom
  • RT173-MC044 糸杉のある道
  • 糸杉のある道
    【所蔵先】
    クレラー=ミュラー国立美術館
  • 精神の発作に悩まされたゴッホが自発的に入院していたサン・ポール・ド・モーゾール病院療養中に制作された作品のひとつで、当時「糸杉」に心惹かれていたゴッホが好んで描いた題材である。
    全体的に方向性の定まらない、揺らぎ渦巻いたタッチはゴッホ自身の不安定な精神状態が垣間見える。
  • Photo: Bridgeman Images / DNPartcom
  • RT173-MC044 糸杉のある麦畑
  • 糸杉のある麦畑
    【所蔵先】
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー
  • ゴッホは1889年5月から1890年5月まで自発的にサン・ポール・ド・モーゾール精神病院に入院しており、その入院時に制作された麦畑シリーズの中のひとつである。明るい色調の金色に輝く麦畑と、青々とした草木や空、躍動感溢れる雲とプロバンスの糸杉を描き切ったこの作品はゴッホ自身の中でも評価が高いとされている。
  • © The National Gallery, London / distributed by AMF - DNPartcom

ピート・モンドリアン

19世紀末-20世紀のオランダ出身の画家。

RT173-MC045

  • RT173-MC045 黄、青、赤のコンポジション
  • 黄、青、赤のコンポジション
    【所蔵先】
    テートギャラリー、ロンドン
  • ピート・モンドリアンは抽象絵画を追求した画家である。
    一定の法則(垂直及び水平線、三原色と無彩色)からなる純粋な造形表現を構築した。
    格子状に交差する線と色彩で見事なバランスを保持。また、黒線と青線を交差させるなどアクセント及び遊びの要素も注入している作品である。
  • © Tate, London, 2016 / DNPartcom
  • RT173-MC045 線の対立、赤と黄色
  • 線の対立、赤と黄色
    【所蔵先】
    フィラデルフィア美術館
  • 1937年にピート・モンドリアンによって制作されたこの作品は、1920年頃からみられてきたグリット手法がたどりついた洗練された構成のひとつである。縦横の黒線の、上部と下部で密集度合いを変えたり、色彩部分と無彩色部分を左右で分けることによる「重み」の変化で動きが感じられる作品となっている。
  • The Philadelphia Museum of Art / Art Resource, NY/ DNPartcom
  • RT173-MC045 ニューヨークシティ
  • ニューヨークシティ
    【所蔵先】
    ポンピドゥー・センター
  • 1940年、戦火から逃れニューヨークに暮らし始めたモンドリアンは、常に抽象絵画の進化を求め、多用していた黒線を黄色に変化させることにより、従来よりも明るいポップな画面構成に成功した。大都会の新しい環境が抽象絵画の追求に拍車をかける。「ニューヨークシティ」はその代表作のひとつである。
  • Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist. RMN-Grand Palais / Philippe Migeat / distributed by AMF-DNPartcom

お近くの店舗情報はこちらから

PAGE TOP