お客様へ

レジ袋有料化の
お知らせ

マックハウスでは、環境への負担軽減の取り組みとして、
現在10円+税で販売している紙製レジ袋に加え、
2020年7月1日からプラスチック製レジ袋を有料化させていただきます。

プラスチック製 紙製 レジ袋

※プラスチック製レジ袋を優先的に使用させて頂きます。

お客様にはご不便をおかけいたしますが、
何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

小さなことからコツコツと。私たちは地球に優しい取り組みを推進していきます。

SAY NO TO PLASTIC BAGS

今現在、国内では年間で一人当たり約300枚、全体で300億枚ものレジ袋を使用しているというデータがあります。それにより、様々な環境問題が発生しているのです。

SAVE THE OCEAN

Mac-Houseでは海洋汚染等、環境に深刻な悪影響を及ぼす使い捨てプラスチック問題に配慮して、プラスチック製レジ袋から紙製レジ袋へとシフトしていきます。これにより当社が使用していたプラスチック量を年間約100トン削減していきます。

プラスチック製レジ袋から紙製レジ袋へ

「環境に配慮した紙袋」へ

Mac-Houseでは環境に優しい材質とインキを使用した紙製レジ袋を使用しています。
環境保護の観点から一律1枚10円で販売させて頂きます。

レジ袋に使用する材質・インキも環境に配慮したものを使用しています。

責任ある森林管理のマーク

FSCとは
1994年に創設された、国際的な森林認証制度を運営する非営利団体。
FSC認証は環境・社会・経済の便益に適い、管理された森林からの製品を目に見える形で消費者に届け、それにより経済的利益を生産者に還元する仕組み。

BOTANICAL INK

BOTANICAL INKとは
植物由来のバイオマス材料は、「カーボンニュートラル」の考えからCO2排出量の削減効果があるとされています。これら植物由来の材料を使用することにより、CO2排出量削減に貢献することができます。

収益の一部でSDGsの理念に基づいた寄付活動をおこないます。

Piece Project

2002年4月に認定NPO法人「難民を助ける会」(AAR JAPAN)と協力してスタートした社会貢献プログラム。「ピースマーク」を用いた商品を通じて売上げの一部を「難民を助ける会」の活動資金をして寄付し、「世界中の子供たちの目を輝かせる」ことが目的。

Mac-Houseは今後もファッションを通じて、環境に配慮した企業活動をおこない、皆様の豊かな生活のお手伝いをするとともに、企業としての社会的責任を全うしていきます。

PAGE TOP